Q.五次元スクールとは?

えっちゃん:頑固をとって、気楽に生きやすくしてくれた場所。よく眠れるようになりました。

かおるちゃん:今は、感謝を自然にできるようになりたいなぁって思ってて、 そういうことを教えてもらえる場所。


          Q.真由美先生ってどんな人?

えっちゃん:会うと元気が湧いてくる人。体のことを教えてもらってます。

かおるちゃん:家族のことや健康のこと、生活の中で困ったことでどうしたらいいか教えてもらえる人。
自分のことでも、自分が気が付かなかったことを教えてくれます。


          Q.年をとることって?

えっちゃん:当時は、年をとるって何にもできなくなること。体も動かなくなる。考えることもへこむようなことばかり。
そうとしか思えなかった。でも、今は先生のおかげで前向きになれたし、年をとるのも怖くない。

かおるちゃん:年をとっても楽しいんだなぁと思います。今が人生で一番楽しいです!






先生との出会いがあってから、えっちゃん、かおるちゃんはとっても仲が良い姉妹。
昔は特に仲が良いわけではなかったのだとか。
今は、えっちゃんとかおるちゃんは、えっちゃんのご家族と一緒に暮らしています。
戦争と疎開を経験。そして21歳で嫁いだので家族と触れ合う時間もあまりなかったようです。



マヤさん(えっちゃんの娘):親戚も特に仲が良いわけではなく、集まりはたくさんあったんですが、形だけの集まりで、
困ったときに助けあえる親族ではなかった。
えっちゃんが先生に助けてもらって、かおるちゃんも助けてあげたいって言い出すまで、かおるちゃんはずっと寝たきりで
病院に放置されていました。
かおるちゃんがハワイに行きたいと言っても、本人の意志をサポートしてくれる人はいませんでした。
それで結局、私がかおるちゃんをハワイに連れていき、私の家族でかおるちゃんを引き取ることにしました。

かおるちゃん:そう、それでマヤちゃんの家に住むことにしたの。
(えっちゃんの)孫たちはかおるちゃん、かおるちゃんって来てくれるから、馴染みやすくてね。すぐに馴染めた。


          Q.ハワイまで椿先生に会いに行こうと決意したきっかけはなんでしたか?

かおるちゃん:本当はハワイには行きたくなかった。海外なんて行ったことないし、飛行機も乗らなあかんし。
けど、椿先生とのお電話で、元気になりたくないですか?と聞かれて、はいと答えていたの。それでハワイまで行ってみようかなって。

けどハワイに行ったら行ったで、やっぱり知らないところは嫌やった。
早く帰りたかったから椿先生の話も知らんぷりしててね。そうしてると、みんな聞こえてないと思ってくれるから。
でも椿先生には、演技派女優と言われました。


マヤさん:本当にびっくりしました。かおるちゃんそうやったんーーー!?と思いました。


          Q.それがどうして今はこんなに変わられたんですか?

かおるちゃん:先生にね、閉ざしていた息子への気持ちに触れてもらってね。
あの世の息子に安らかに眠って欲しくない?って言ってもらってね。

――――息子の死。
思えばそこからもうすべてを諦めた。息子がなくなって、薬を飲むようになって、
どんどんひどくなって精神病院でずっと薬漬け。一日中寝たきり。
何十年も人に話したことがなかった息子への思い。
誰にも言わず、自分の胸に閉じ込めていた。誰も知ることがなく死んでいくはずだった。
でも、先生が初めて見つけた。何も言っていないのに。
そこから先生に心を開くようになりました。
ハワイでふっきれた。息子への思い。

今は、薬は一切飲んでいません。
それに、寝たきり状態から不死鳥のようによみがえり、一気に5次元スクールやワークショップや孫達とショッピング、
習字と琴の習い事とまさに売れっ子女優並みのスケジュールに(笑)

今が一番最高!
みんなにかおるちゃんって呼んでもらえるのがうれしい。名前で呼ばれることが少なかったから。
できることなら、もっと生きていたい。

          Q.今後の展望はありますか?

かおるちゃん:今よりもっと元気になって、もっと自分のことを自分でできるようになりたい。

えっちゃん:二人で体操教室やジムにも通い始めました。これからもいろなことに挑戦してみたいです。















  • About Us
  • Student
  • News
  • Blog
  • Shop
  • Join Us